「大相撲・宇良」の記事、移動しました!

徳井義実の巨額納税不正に対して、芸能界の批判やコメントを集めてみました

徳井さんへの批判コメントを集めてみました

 
 
巨額納税不正が暴露されたチュートリアル徳井義実さん。
 
徳井さんに関する芸能界・マスコミの批判の声を集めてみました。
 
 

芸能界などの批判の声を集めました

 
加藤浩次さん
(以下、抄録)
ルーズで済む話じゃない。納税はルーズじゃだめなこと。毎年納税することに、うっかりミスはない。そこは徳井にちゃんと感じてほしい。
(メインMCを務める「スッキリ」にて)
 
近藤春菜さん
(以下、抄録)
第一報を聞いたときはびっくりした。昔からお世話になっている先輩ですけど、徳井さんの会見にウソはないと思う。本当にどうしようもなくルーズでやってしまった。これだけお仕事をされて露出されている方ですから、皆さんがどれだけ仕事しているかわかる中で、申告をしていない大胆なことは普通だったらしないと思う。本当にルーズでいつでも払えるだろうという感覚でここまできてしまったんだろうなと思う。本当にいけないことで国民の義務ですから、今回のことで反省していただきたい。
(サブMCを務める「スッキリ」にて)
 
千原ジュニアさん
(以下、抄録)
なかなか理解しがたい。プライベートであまり付き合いがないが、同期とかよく知る人間からすると『あ、ぽいな』と。若くてお金もあるときからガスを止められたり、電気を止められたりしたりとかしてた。ホンマにそういう部分があるんでしょうね。
(「Abema的ニュースショー」にて)
 
ケンドーコバヤシさん
(以下、抄録)
だらしなさが招いたこと。国民の義務を怠ったんで、厳しい目で今後見てください。許さないという人がいても仕方ない。徳井というのは、そのくらいの目で見ないとダメな、アホ。お許しいただいて、今のような仕事ができるのなら、現場で一緒になることが多いので、ケツをひっぱたいて、ガリガリになるまで働かせて、バンバン納税させます。
(TBS系列「ゴゴスマ」にて)
 
おぎやはぎ矢作兼さん
(以下、抄録)
これ、絶対税理士がお願いされてたのに、お金を国に納めてなくて、それで逃げたんだよ。だって、税理士でお金払わないなんて、普通に考えてありえない。でも、税理士がそうだったら、普通に訴えるか、と。よく考えたら、追徴課税で払ったということは認めてるのかとなったときに、余計パニック。
(TBSラジオ「おぎやはぎのメガネびいき」にて)
 
伊集院光さん
(以下、抄録)
売れてる彼がこの3年だけ申告をしていないみたいな話、意味が分からない。それも税金の対策として『個人で会社を作りました』みたいなところに税理士さんもおって、それが『うっかりって何?』っていう。分からないことだらけ。今後、『ちょっとうっかり』みたいなことで終わっていいとはあんま思わない。徳井くん自体は仲間内だけど、ちょっと不可解過ぎて『うっかりでした。修正申告終わりました』っていう話ではちょっとないかなと思いました。
(TBSラジオ「伊集院光とらじおと」にて)
 
立川志らくさん
(以下、抄録)
芸人が芸人に対してなんだって言うのは嫌なんですけど。だらしないのはお互い様だから。だけども言い訳が言い訳になっていない。じゃぁ運転免許が失効して無免許なのに3年間運転して、いやぁ僕ルーズだからって言ったって世間は納得しないでしょ。それと同じことだから、ルーズだったら周りがしっかりして。これはいくらなんでも擁護のしようがない。ルーズだからって自分が言っちゃいけない。周りがあいつはルーズだよっていうのは分かるんだけど、言い訳としちゃよくない。
(TBS情報番組「グッとラック!」にて)
 
橋下徹さん
(以下、抄録)
税務署から目をつけられてた人が、無申告なんてこと、無理なんです。病的にちゃらんぽらんなのか、国家に対する反逆精神なのか。病的にだらしなかった。とにかく、『脱税』ってのは、隠すとか、『意図』とか悪質性で認定するんですが、徳井さん、隠すも何も、本当に無申告でバレるの分かっていながらやってるんですよ。『意図』的ではなかったと(国税局に)判断されたのでは。
(カンテレ「胸いっぱいサミット!」にて)
 
堀江貴文さん
(以下、抄録)
(徳井とはプライベートで交流があり)本人はすごく、いたって好青年で、非常に良いヤツ。3年間、申告をしなかった。『うっかりしてました』とか『忙しかった』とか、ダメです。言い訳ききません。これ、完全に言い訳です。だって昔は納税してたわけだから。それを3年間やらなくなったっていうのは、これは正直、ヤバいと思います。たぶん有能な税理士さんがついて、何とか刑事告発しないようにいろいろ工作というか調整をしている最中だと思いますけど、狭い塀の上を一本道で歩いている状況に近いと思います。ちょっとでも世論が『徳井さん、ひどいんじゃないか』っていう方に振れると刑事告発される可能性は十分あります。外形的には。これが例えば徳井さんが社会的に眉をひそめられる仕事をしていた場合は100%告発されてる。彼は人気者の芸人でイメージが良いから何とか告発を逃れているような状況。本当にギリギリです。
(ニュースソース:日刊スポーツ
 
和田アキ子さん
信じられないというか、こんな事あっていいの。私は特に税金とかよく分からない。だからプロの人にお願いしてやるのに、ちょっとこれは。(記者会見での)彼の発言を聞いてるとちょっと幼稚すぎて。子どもじゃないんだから。
(メインMC「アッコにおまかせ」にて)
 
明石家さんまさん
わがチーム(吉本興業)は騒動がいっぱい起こる。(徳井の弁明について)忘れていたというのは本当の理由なんだろうけど、言い訳にならない理由。もう吉本は大変や。この1年間を振り返ると、てんやわんやになってしまった。かわいい後輩やけど、今回のことだけはどうにもできない。
(MBSラジオ「ヤングタウン土曜日」にて)
 
大田光さん
お笑い芸人なんてみんなお金の計算とか経営とかできないから、マネージメントっていうのを事務所に全部やる(任せる)わけ。その割に自分の会社を作るっていうのは、どういうことなのかなって。俺なんか全部任せちゃう。お願いしますっていうふうに。徳井はルーズって言ってるけど、自分ではルーズっていう自覚がなかったようにも思える。
(TBS「サンデー・ジャポン」にて)
 
杉村太蔵さ
事実上の引退としかいいようない。今度、会ったら『ラッキーでしたね。よく逮捕されなかったですね』って言いたい。
(TBS「サンデー・ジャポン」にて)
 
サバンナ・高橋茂雄さん
アホすぎるし、何回もやっているので感覚が税金を毎年、収めるというよりも取りに来るまで放っておくって感じでズレがあったんじゃないかなと思います。理解できないです。
(TBS「サンデー・ジャポン」にて)
 
テリー伊藤さん
年間に1億円収入があったら5000万円は本来は税金ですよ。一般的に考えると、遺産とか払えなくてみんな土地売ったりしてる。発覚したら、テレビ局が対応に追われるってことは分かっているわけ。だったらその前の段階で、各テレビ局に対して、特にNHKはドラマですよ。どれだけの被害が出るか事前に分かっているんだったら、発表される前に自分から言うべきだった。あんまりにもやっていることが悪質すぎる。会社つくった段階で、本当は吉本がですね、もともと徳井がルーズだって知ってるわけじゃない。だったらちゃんとしたね(指導が必要だった)。会計士さんもスポット参戦なんですよ、今回。専任の人だったら…。僕も会計士さんに連絡してみた。そしたら“もしこんなことされたら自分のクビが危ないから会計士の方から切る。道連れになりたくない”って言ってるんですね。だからこれ本当にたち悪いですね。もっとみんな税金に対して意識を持った方がいいし、怒んなくちゃダメですよ。
(TBS「サンデー・ジャポン」にて)
 
デーブ・スペクターさん
自分がルーズだから細かいのできないって言ってるわりには、普通の人だったら個人の会社つくれないですよ、そっちの方がめんどうくさいもん。運転免許の更新とかパスポートの更新とかはちゃんとやってるんでしょ。つじつま合わない。
(TBS「サンデー・ジャポン」にて)
 
 

甘い芸能界〜引退勧告はゼロ!?

 
16人の芸能人ほかの人たちのコメントをピックアップしました。
 
これだけで判断しては問題はあるかもしれませんが、芸能界は甘いと感じました。
 
なぜなら、「引退を強く勧告する意見がない」からです。
 
今回、国税局から違法性は指摘されず逮捕・起訴には至っていませんが、過去の行為を見る限り、グレーを超えて、かなりブラックに近い行為を繰り返してきました。
 
申告&納税したから良しとできる案件ではないです。
 
つい最近まで、徳井さんを処分することなく、劇場に出場させると言っていた吉本興業などが甘いのかもしれません。
 
 

若新雄純さんのコメントが秀逸!?

 
最近、情報番組のコメンテーターとして活躍している若新雄純さん(実業家、プロデューサー、慶應義塾大学特任准教授)の意見が、なかなか良かったです。
 
これはJFN PARKの番組内でコメントした内容です。
 
サイトで内容を聞くことができます。8分ほどの長さですが、ぜひ聞いてください。
↓ ↓ ↓ ↓
聞くためのリンクはこちら。
 
カンタンに要約しましたが、こういうことを主張しています。
 

人間界にはルーズ族がいる。徳井さんはルーズ族。きちんとした方からすると、ルーズ族の言動は理解できない。ルーズ族はサラリーマンにはなれない人。こういういい加減な人間でも、一芸があれば生きていけるというのはいいところ。
 
でも、今回のことは、ルーズだから許されることではない。実は、ルーズ族は死んで生まれ変われない限り治らない。
 
では、徳井さんは、どうすれば良かったのか。
 
解決策1
ルーズなんだから会社立ち上げるなどといった手間がかかることはするべきではなかった。超ルーズなのに手間が掛かること(会社設立)をしてしまった。
 
解決作2
ルーズは治らないのに「年に1回の税務申告くらいできる」と勘違いした。会社を作ったのなら、できる人を入れるしかなかった。もしくは税理士ときちんと顧問契約をすること。
 
実は、だれもついていけないくらいルーズな人には、サポートする人が集まらない。そうなるとオカンなどしか頼る人はいなかったのでは。
 
 

まとめ

 
徳井さんへの批判コメントを集めてみました
 
 
徳井さんの巨額納税不正問題については、さまざまな人がいろんなコメントをしています。
 
しかし、すぐに芸能界を辞めろ、引退しろと強弁する意見は、見当たりません。やはり、芸能界は頗る甘い世界、つまり、同じようなことを再現させてしまう風土なのかもしれません。
 
そんななか若新雄純のコメントが変わっていたので別途に紹介させていただきました。
 
あくまでも個人的な意見ですが、もうテレビで徳井義実さんのお顔は見たくないですね。
 

error: Content is protected !!