沢尻エリカ容疑者出演の4作品について♪

日本決勝進出&カナダ代表のボランティア〜ラグビーW杯での2つの感動!!

ラグビーW杯、2つの感動

<スポンサーリンク>

 
 
台風19号禍で気持ちが落ち込む日本において、ラグビーW杯で2つの感動がありました。
 
日本代表初の8強、決勝トーナメント進出、そして、決勝トーナメント進出を逸してしまったカナダ代表による台風19号後のボランティアです。
 
 

日本代表、スコットランドを破り初の8強!!

 
1987年の第1回ラグビーワールドカップから毎年参戦している日本代表。これまでの戦績は次の通り。
 

  • 第1回(1987年)
    • ヘッドコーチ、宮地克実
    • 1次リーグ敗退
    • 3戦/0勝3敗
  • 第2回(1991年)
    • ヘッドコーチ、宿澤広朗
    • 1次リーグ敗退
    • 3戦/1勝2敗
  • 第3回(1995年)
    • ヘッドコーチ、小藪修
    • 1次リーグ敗退
    • 3戦/0勝3敗
    • 3戦目ニュージーランド/17対145
  • 第4回(1999年)
    • ヘッドコーチ、平尾誠二
    • 1次リーグ敗退
    • 3戦/0勝3敗
  • 第5回(2003年)
    • ヘッドコーチ、向井昭吾
    • 1次リーグ敗退
    • 4戦/0勝4敗
  • 第6回(2007年)
    • ヘッドコーチ、ジョン・カーワン
    • 1次リーグ敗退
    • 4戦/0勝4敗
  • 第7回(2011年)
    • ヘッドコーチ、ジョン・カーワン
    • 1次リーグ敗退
    • 4戦/0勝3敗
    • 2戦目ニュージーランド/7対83
  • 第8回(2015年)
    • ヘッドコーチ、エディー・ジョーンズ
    • 1次リーグ敗退
    • 4戦/3勝1敗
    • 1戦目南アフリカ/34対32
  • 第9回(2019年)
    • ヘッドコーチ、ジェイミー・ジョセフ
    • 1次リーグ敗退
    • 4戦/4勝
 
 日本代表は、今回のW杯での活躍で世界ランクは7位までに浮上しました。もちろん、過去最高位です!  
 
初の8強進出で、決勝トーナメントに進んだ日本代表は、20日、世界ランク5位の南アフリカ共和国と対戦します。
 
南アフリカ共和国は前回のW杯において、日本代表が破った国。力は拮抗していますが、登り調子の日本は、決勝まで進むのではないか…とサイト管理人「たもつ」は予想しています。
 
前回の対南アフリカ戦の勝利は世界に驚きとともに「かつてない番狂わせ」と報じられましたが、今の日本代表は実力でプールA4戦全勝で1位通過を果たしたのです。
 
この勢いと実力のまま進めば、決勝戦でニュージーランド代表と戦うことになるでしょう。
 
そんなこんなで…
13日夜の対スコットランド戦の勝利は、台風19号で気落ちする日本を勇気づけてくれました!
 
 

<スポンサーリンク>

カナダ代表が台風19号の復旧ボランディアを!?

 
同じくラグビーW杯話題ですが、プールBで最終戦を待たずに敗退が決まっていたカナダ代表。
 
カナダ代表は、12日に予定されていた対ナミビア戦が台風19号のため中止となりました。
 
釜石市をキャンプ地としていたカナダ代表は、13日、釜石市ボランティアセンター職員とともに、浸水被害にあった地域周辺で2時間にわたり、道路の泥かきや浸水住宅からの家具運び出しなどの作業を手伝いました。
 
このボランティアには、ヘッドコーチやスタッフを含む18人が参加。鎌一市役所のラグビーW杯推進事務局によると、カナダ代表の方から、災害を目の当たりにして、自分たちにできることがあればとの問い合わせがあり、ボランティアが実現しました。
 
ニュースを見て、本当は試合応援に行くはずだったと口にして、ボランティアに感謝し涙する地元住民の姿が心に残りました。
 
話は変わりますが、サイト管理人「たもつ」の地元でも、河川氾濫で床上浸水被害があり、13日は半日ほど、40〜50人ほどで、被災家屋のどろの処理や、家財運び出し、ゴミの仮置き場までの運び込みなどをやりました。
 
かなり大変な作業ですが、それをカナダ代表のみなさんがやってくれたと考えると、ただただ、ありがたく感動します。
 
 

まとめ

 
ラグビーW杯、2つの感動
 
 
台風19号で、日本全体が疲弊し、沈鬱になっているなか、ラグビーW杯が明るい感動をもたらしてくれました。
 
1つは日本代表初のベスト8、決勝トーナメントの進出です。
 
そして、もうひとつは最終戦が台風のため中止となってしまったプールBのカナダ代表が、台風被害のあった釜石市で、被害家屋のためのボランティアをしてくれたことです。
 
次回のラグビーW杯では、カナダ代表を全力で応援したいですね!
 
それから、日本代表が決勝まで進出し、恐らく決勝であたるであろうニュージーランド代表を打ち破り、優勝することを願っています!!!
 

<スポンサーリンク>
error: Content is protected !!