沢尻エリカ容疑者出演の4作品について♪

WordPressプラグイン-インストール2つの方法を詳細解説します♪

インストール

<スポンサーリンク>

 
 
これはWordPress初心者に向けた記事です。
 
WordPressプラグインをインストールする際の諸注意並びに、
 
WordPressプラグインをインストールする2つの方法を解説します。
 
 

プラグインインストールの前の諸注意

 
WordPressプラグインは、機能付加を実現するツールです。
 
インストールの前に、次のような確認をしましょう。
 

  • どういう機能を実現したいのか。
  • その機能が実現できるプラグインをネット検索し、そのいくつかを調べる。
  • 評判や使い勝手などをもとに、ターゲットプラグインを決める。
 
有料or無料のワードプレステーマを使う際、お薦めのプラグインが提示してある場合があります。その場合、インストールしても安心なプラグインであると推測できます。
 
その場合でも、どういう機能を実現するプラグインなのか、事前に調べる癖をつけましょう。
 

プラグインインストール直前の諸注意

 
プラグインをインストールするとき、通常は、次のような画面から行います。
 
ここでのチェックは、赤い線で囲んだ部分です。
 
 
チェックポイント2
 
 
改めて項目で列記すると…
 

  • 有効インストール数。
  • 最終更新。
  • 使用中のWordPressバージョンで検証済みか、未検証か。
これなにげに重要。
確認癖をつけましょう♪

シネマファン

「有効インストール数」が1万を超えるようなものは、それなりに実績がありますのでOKです。一方、この例にある通り、「有効インストール数」は「10」となると論外です。まだまだテスト段階な場合なものもあり、危なくて使えません。
 
「最終更新」はできるだけ新しいものを選びましょう。この例の下段のように「最終更新が10年前」というのは論外です。
 
また「使用中のWordPressバージョンで検証済み」が望ましいですが、未検証でも、たいがい動きます。でも万一ということも覚悟しておきましょう。
 

インストールしたけど、機能が予想外、あるいは不具合がある場合

 
インストールして動かした結果、予想していた機能には不十分だとか、不具合が起きた場合。
 
ダッシュボード→プラグインから、当該プラグインを「停止」し、次に「削除」します。
 
使っていないプラグインについても、「停止」→「削除」の癖をつけましょう。
 
 

<スポンサーリンク>

プラグインインストール方法は3つある!?

 
WordPressプラグインのインストール方法は、具体的には3つあります。
 

  1. 「プラグイン追加」から「検索」してインストールする。
  2. 「プラグイン追加」から「ファイル指定」してインストールする。
  3. 直接、サーバーに書き込む。
 
今回3番は、直接サーバーのファイルを操作するので、初心者にはお薦めできません。よってパスします。
 
 

「プラグイン追加」から「検索」してインストールする

 
ダッシュボード→プラグイン→新規追加。
 
 
「プラグインを追加」画面、その1
 
 
目的のプラグインが見つかったら、前述した「有効インストール数」「最終更新」「使用中のWordPressバージョンでの検証」を確認の上、「今すぐインストール」ボタンをクリック。
 
インストールが終了したら「有効化」ボタンをクリックします。
 
これでインストールは完了です。
 
インストールしたプラグインは、ダッシュボードの「設定」などで操作できます。
 

「プラグイン追加」から「ファイル指定」してインストールする

 
ダッシュボード→プラグイン→新規追加→プラグインのアップロード。
 
次のような画面になります。
 
 
ファイルを選択してインストール
 
 
「ファイルを選択」をクリックして、ZIP形式のプラグインを指定します。
 
指定し終わったら「今すぐインストール」をクリック、インストールが終わったら「有効化」をクリック。
 
これでインストールは完了です。
 
ここで重要な注意点があります。それは…
 
画面に「ZIP形式のプラグインファイル」とあるように、この形式のファイルでないとダメということです。
 
たとえば、次のものは、私がネットで購入した有料のプラグインです。
 
ネット購入のプラグインなどは、多くがZIP形式ではありません。
 
 
ネット購入プラグイン
 
 
このフォルダーをクリックすると、次のような中身になっています。
 
 
中身
 
 
つまり、圧縮されていない生のファイルです。
 
こういう場合は、フォルダ全体を圧縮ファイルに変換します。MacでもWindowsでも、デフォルトでそういう機能があるハズ。
 
 
圧縮した
 
 
これは、上が生ファイル。下が圧縮したZIPファイルです。
 
なので「ファイルを選択」では、このZIPファイルを指定します。
 
 

プラグインはたくさんインストールしてはダメ?

 
ネットでは、「プラグインインストールは少なめに」とか「プラグインインストールは20以下に」などという情報を目にします。
 
でも、そういうものにあまり根拠はないです。
 
たとえばこのブログ、30のプラグインをインストールしていますが、特に不具合は起きていません。また、プラグインを少なくすればリスク軽減、あるいはブログが早く動くなどと聞きますが…まったく実感できません。
 
一方、たったひとつのプラグインで不具合が起きる場合もあります。
 
ですから、こればかりは「プラグインは◎◎個以下に」と言えません。ひとつひとつ不具合がないかどうかを確認する癖をつけましょう。
 
そうはいっても…
やはり20個くらいを目安にしておくのがいいかもしれません。しっかりしたエビデンスはないのですが…。
 
 

まとめ

 
インストール
 
 
今回はWordPress初心者の方のために、プラグインインストールについて解説しました。
 
今後、お薦めプラグインの記事を書きますが、それには「プラグインインストール」や「注意事項」は省きます。
 
お薦めプラグインの記事に、本記事のリンクを貼りますので、プラグインインストールの基本事項は、本記事で確認いただければと思います。
 

<スポンサーリンク>
error: Content is protected !!