天海祐希さん出演作品紹介記事一覧

台風19号は過ぎ去ったあとも要注意〜「荒川氾濫」フィクション動画から学べることは何か?

河川氾濫

<スポンサーリンク>

 
 
台風19号がいよいよ本土に近づいてきています。かつてないほどの脅威を引き起こすかもしれない巨大台風。
 
実は、台風は通過するときだけの被害だけではないのです。
 
河川上流に大量の雨が降ることで、河川が溢れ、堤防などが決壊し、いたるところで水没被害が起きる可能性があるわけです。
 
なお、今回の台風19号において、河川決壊・河川氾濫が多発した理由などのまとめています。こちらもどうぞ。
↓ ↓ ↓ ↓

 
 

フィクションドキュメンタリー「荒川氾濫」

 
ここで大きな河川が氾濫したらというドキュメンタリー動画をご覧ください。
 
今日のいくつかの情報番組で、この動画のほんの一部が紹介されていたりします。
 
ここにあげている動画はそのフルバージョンで、14分ほどのものです。
 
動画後半には、堤防が決壊する2つのパターンがあります。正直、まるで知りませんでした。見た目堤防が壊れてないから安心だ…という考え自体が危ないのかもしれません!!
 

 
新海誠監督の最新作、映画『天気の子』では、終盤、気候変動により東京の多くが水没してしまうというシーンが出てきます。
 
一時的であるとはいえ、あのような状況が起きるかもしれないのです。
 
 

<スポンサーリンク>

私たちにできることは何か

 
台風一過後にも、河川状況などの情報をタイムリーに入手する。
 
そして、早めの避難。浸水・水没は瞬く間に拡大します。
 
 
台風による直接的な被害がなかったから安心、家屋にダメージがなかったから安心ではないのです。
 
この機会に、住んでいるところのハザードマップをもう一度確認しておくことも、今出来ること一つですね。
 
また、避難する場合、どこに避難するのか、どういうルートで避難するのかということを家族で確認しておくことも必要です。
 
 

停電・断水にも要注意だが…

 
台風15号の被害を考慮すると、台風19号による停電や断水が心配です。
 
今(10/11)、テレビを付けると風の被害、停電・断水のことばかり。
 
もちろん、それらを想定してどうするかを準備することは大切です。
 
しかしそれと同じくらい、河川の氾濫に対する注意と早めの避難を周知させることも大切なのではないでしょうか。
 
一度、冒頭の動画をご覧いただくことで、いざというときの避難について、ご家族で話合うことも必要ではと思うのです。
 
 

まとめ

 
河川氾濫
 
 
大型台風19号が間もなく、本土上陸しそうです。本州を縦断すればするほど、直接的な被害は大きくなります。
 
それと同時に、河川上流にも集中的に雨が降ることで、河川の氾濫も想定されます。
 
とくに大きな河川の堤防が決壊することによる氾濫も考えられます。
 
冒頭の動画をご覧いただき、台風一過後の河川状況情報の入手と、早めの避難をしましょう。
 
 

<スポンサーリンク>
error: Content is protected !!