阿部寛さん出演作品紹介一覧♪

銚子電鉄、映画『電車を止めるな!』8/3(破産の日?)延期!?

銚子電鉄映画公開!?

<スポンサーリンク>

 
 
特報:ぬれ煎餅で有名な銚子電鉄制作の映画『電車を止めるな!』。8/3(破産の日)に公開予定でしたが編集が間に合わず、急遽、公開は今秋と延期になりました。残念!
 
 
ぬれ煎餅などで話題を集めた、あの銚子電鉄がまたやってくれました♪
 
今度は、8/3(破産の日)に映画『電車を止めるな!』を公開するのです。
 
経緯と思惑は何?
 
 

経緯〜くじけない、諦めない銚子電鉄

 
銚子電鉄こと、調子電気鉄道株式会社は、千葉県銚子市に本社を置く鉄道会社です。設立は対象11年と古い会社。
 
現在は、銚子駅から外川駅までの間の10駅6.4kmを結ぶ区間で営業をしています。
 
銚子電鉄営業区間
(画像出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/銚子電気鉄道
 

銚子電鉄の直近の経営数値

 
2017年3月期の経営数値。売上高 4億9千万円、営業損失 2570万円、純損失 2570万円。純資産 1億3170万円。
 
赤字決算会社です、純資産はかろうじてクロ。
 
 

銚子電鉄経営危機の経緯

 
約30年前、1990年に京成電鉄英千葉交通から経営権が押す号建設業・内野屋工務店(本社:千葉県東金市)に移ります。そして、内野屋工務店の子会社を設立し、銚子電鉄はさらにその子会社の子会社となります。しかし、内野屋工務店は1998年に自己破産。その後、千葉県と銚子市が銚子電鉄の支援をしてきました。
 
その後、内野屋工務店の横領、特別背任が発覚し、銚子電鉄が前社長内野氏を告訴するなどの騒動になります。しかし、この横領事件などが原因で、銚子電鉄は運転資金不足となり、鉄道車両の法定検査すらできないという事態に陥ってしまいました。
 
そこで「電車修理代を自ら稼ぐために」ということで「ぬれ煎餅」の拡販による支援を呼びかけたのです。これで一時的に危機は凌げたものの、次に、踏切や枕木など基本的部分の修繕が必要なことが発覚し、国土交通省から改善命令を受けたのです。
 
その後、さらに東日本大震災の風評被害などもあり、経営がさらに悪化。2013年には自主再建を断念し、当面10年間の車両・設備更新費用7億6千万円を国、千葉県、銚子市が負担、つまり公的資金投入ということになったのです。
 
 

食品製造販売事業に注力

 
2006年のぬれ煎餅から始まって、最近の「まずい棒」など、銚子電鉄は食品製造販売事業に注力。年間5億円規模にまで育ったと言われています。
 
しかし、修繕等に費用は莫大で、またしても危機が来てしまったのです。
 
 

<スポンサーリンク>

変電設備修繕に2億円!?

 
なんと、今度は変電設備の修繕に2億円かかることが発覚。いまのままでもし変遷設備が故障すると、電車が止まってしまう事態に発展すると言われています。
 
本事業の鉄道事業で赤字続きな上に、鉄道事業で多額の修繕費が必要となる。避けて通れない修繕。
 
そこで、銚子鉄道事業は、ぬれ煎餅、まずい棒に続く、思い切った作戦を決めたのです。
 
それが映画『電車を止めるな!』の公開です。
 
 

映画『電車を止めるな!』とは

 
映画の公式サイトはこちらです。
↓ ↓ ↓ ↓
映画『電車を止めるな!』の公式サイト。
 
なお、この映画『電車を止めるな!』の原作本が6月8日に発売されています。寺井広樹著。
 


銚子電鉄が制作し、公開する映画『電車を止めるな!』。言うまでもなく、映画タイトルはあの話題の映画『カメラを止めるな!』のパロディです。
 
映画『カメラを止めるな!』は、制作費300万円の超インディーズ映画だったにもかかわらず、一時期、公開館は100館を優に超え、興行収入は30億を超える大ヒット映画になったのです。
 
つまり、銚子電鉄の映画『電車を止めるな!』は、このシンデレラストーリーにあやかりたいというわけです。
 
映画制作にあたって、銚子電鉄は、映画『カメラを止めるな!』の監督の許諾を得たそうです。
 
そして、『電車を止めるな!』は、ホラー映画。制作費は500万円。銚子電鉄にとって、500万円は大金ですが、これについてはクラウドファンディングで集めました。
 
そして、制作は進み、なんと、8月3日(破産の日!!!)には公開という段取りになっています。
 
興行収入見込みについては、2億5千万円。これが思惑通りに進めば、変電設備修繕に必要な2億円がまかなえるわけです。
 
 

まとめ

 
経営がヤバイ続きの銚子電鉄。しかし、なげない、諦めないそのしつこさは凄いです。
 
でも…鉄道事業という本業自体をどうするか…ということははっきりさせるべき時期に来ているのかもしれませんね。
 
映画『電車を止めるな!』については、8月3日公開早々に見てみたいです。
 
また、一度、銚子に出向いて、銚子鉄道に乗ってみたいと思っています。
 

<スポンサーリンク>
error: Content is protected !!