木村拓哉主演作品、FODで続々配信中♪

ワンチーム流行語大賞はピークアウトのはじまり〜日本ラグビー界が逃した今世紀最大のチャンス!?

ワンチームは終わりの始まり

<スポンサーリンク>

 
 
2019年の流行語大賞が「ワンチーム」で決まりました。これでもしラグビー界で喜んでいる人がいたとしたら「大馬鹿者」かもしれません。というのも…
 
ラグビー界は今世紀最大のチャンスを逃してしまったからです。その元を正すと、現体制に巣くう「変わりたくない人たち」。
 
 

あの盛り上がりでラグビー界が一番学ぶべきだったことは…

 
ラグビーは他のスポーツと比べるとアマチュアリズムを大切にしているように感じました。コレ、にわかラグビーファンの感じ方です。
 
そういう雰囲気を感じたからこそ、ラグビーW敗は異質に感じたのです。つまり、普段、ニュースなどで見てきたラグビーとラグビーW杯は随分違うぞ…ということです。
 
そして、その違いは「あの盛り上がりのなかで日本のラグビー界が一番学ぶべきことだった」のかもしれません。それは…
 
日本のラグビーにはエンターテインメント性が圧倒的に不足しているということです。
 
多くのにわかラグビーファンは、テレビ映像のライブ感に圧倒的な感動をもらったからこその「にわかファン」だったのです。
 
あのテレビライブ映像を日本のテレビクルーが撮ったら、ぜったい私は「にわかファンにはならなかった」でしょう。それはきっと私だけでなく、結局、「ワンチーム」が2019年流行語大賞になることも「なかった」でしょう。
 
 
もう一度書きます。
 
ラグビーW杯で、日本のラグビー界が一番学ぶべきことは、圧倒的なエンターテインメント性だったのです。
 
そして、それは単に撮影技術や演出だけの話ではありません。
 
「これからの日本のラグビー界を推進する鍵はエンターテインメント性だという戦略的な認識があること」が重要なのです。
 
 

ブームは去る…

 
以前、なでしこが女子サッカーW杯で優勝を果たした年、その優勝までのプロセスを日本の多くの人達はワクワクドキドキしながら見ていました。私も見ていました。
 
彼女たちは国民栄誉賞に輝き、数ヶ月は女子サッカー熱が冷めなかったですね…。
 
テレビをつけると、いろいろな番組になでしこメンバーが出ていました。でも、彼女たちが、普段どんなチームで、どんな活躍をしているのか、どういう試合日程なのか、そういうことは、ほぼ拡散せず、なでしこ女子サッカーチームは、いつのまにかすっかり冷めてしまいました。
 
言い切ってしまいますが、日本のラグビー熱も、このままでは同じ道を歩みますね。来年の今頃には、ラグビー熱はすっかり冷めていることでしょう。
 
それはなぜか…。
 
日本のラグビー界に今必要なのは圧倒的なエンターテインメント性だという認識がないからです。そういう考えに沿った戦略がないからです。
 
 

ワンチームで盛り上がったあの感情は…

 
私のような、普段はまったくラグビーの試合など見ない、いや、それどころか、生まれてこのかた1試合も通して試合を見たことがない者が、1ヶ月という期間のなかで、何試合も試合を最初から最後まで観た。日本チームが出ていない試合も、最初から最後まで観た。
 
私のようなケースは、日本中、至る所であったことでしょう。
 
でも、それは日本のラグビー界が、そういうエンターテインメント溢れる場を私たちに提供し続けない限り、つまり、刺激を日本国民に与えない限り、すぐに萎みます。
 
それでは、Jリーグみたいなものを作ればいいのか…それも違いますね。
 
Jリーグが、野球を凌駕することがないのは、やはり野球と比べてもエンターテインメント性が足りないから…かも。
 
エンターテインメント性でいうと、プロ野球のなかでも差が出てきてしまったようです。私は野球はあまり興味がないのですが、今、プロ野球で一番面白いのは横浜DeNAだと言われています。それは何故か…。
 
経営者トップは変わってしまいましたが、以前、横浜のチームを変えた経営者がいたからです。そして、その経営者は戦略の軸に「エンターテインメント性」をおいていたのです。2011年から5年間、横浜DeNAの社長を務めた池田純氏です。
 
 

<スポンサーリンク>

横浜DeNAの立て直しに成功した経営者は…

 
日本のラグビー協会は、横浜DeNA立て直しを成功させた池田氏を改革チームに招聘しました。しかし、結果からいうとそれは単なるお飾りでした。
 
彼が本気でラグビー協会の改革に着手すると、既存の協会トップメンバーは彼を潰しにかかりました。そして、彼はラグビー協会を去りました。
 
日本のラグビー界が、今世紀最大のチャンスだったW杯での盛り上がりにもかかわらず直ぐに萎んでしまうだろうことは、このラグビー協会の旧態依然とした、言い方を変えると老害気質がすべての現任かもしれません。
 
 

にわかファンが欲していること

 
日本のラグビー界興隆のためには、今、日本中にいるにわかファン(そのうち、急激に、ファンじゃなくなる人たち)が求めているものに、真正面から応えるかにかかっています。
 
私を含めたにわかファンが一番求めているもの、それは、W杯で見たあの熱狂的に試合がどこで見られるのということです。
 
W杯で活躍した外国チームの主力選手のうち、かなりたくさんの人たちが日本でプレーするのに、それってあまり知られていないですね。アピールしていないのです。
 
また、日本のチームメンバーも、これからどのチームでどう活躍するのか、にわかファンがその情報に触れることが「ない」。 
テレビには、いまでもラグビーW杯の日本チームが出てるけど、彼らは、これから自分たちがどこで見ることが出来るのか、どういうチームで闘うのかということを語らない。
 
視聴者は、W杯での活躍の残像を見るだけです。つまり過去。
 
ここで、つまり、まだテレビ界がW杯チームメンバーを求めているときに、これからのことを宣伝しないといけない。でもやらない。なぜ???
 
それはエンターテインメント性を軸にラグビー界を興隆するという戦略性が日本のラグビー協会にも、選手たちにも「ない」からです。
 
だから、まず間違いなく、なでしこのデジャヴとなります。残念ですね。
 
だから…「ワンチーム」が2019年流行語大賞になったと喜んでいるラグビー界の人達はダメなんです。
 
 

まとめ

 
ワンチームは終わりの始まり
 
 
ラグビーW杯で、にわかファンになった私ですが、確実に私のなかのラグビー熱は冷めつつあります。急速に…。
 
もしかしたら、2019年流行語大賞に「ワンチーム」が選ばれた12/2が、ラグビー熱のピークアウトの始まりかもしれません。
 
要するに、日本のラグビー界は、今世紀最大の「興隆のチャンス」を逃してしまったのです。
 
ただし、それを認識できたら、まだ巻き返しは可能かもしれません。巻き返しのための軸は「エンターテインメント性」です。いかにエンターテインメント性を実現するかという戦略で取り組むことです。
 
単に他のスポーツの焼き直しで、「まるまるリーグ」を作ってもダメです。学びとしては、DeNAの事例があるのですから、やろうとすればできないことはない?
 
それを邪魔する老害をどう排除するか、退出していただくかというのも戦略に入れる必要がありそうです。
 
 

追記

 
この記事、あえて、画像も少なく、文字の修飾も少なく(というか、ほぼ「ない」)状態にしました。
 
これがエンターテインメント性がないという状態です(笑)。
 
これじゃつまんなくて、読む気しないでしょ(爆)。
 

<スポンサーリンク>
error: Content is protected !!