沢尻エリカ容疑者出演の4作品について♪

アマゾン本「韓国」検索で見えてくる真実の傾向〜書籍列挙(プチコメントを書く予定)!

<スポンサーリンク>

 
 
「反日種族主義」の翻訳版出版まで1ヶ月を切ります。この時期、アマゾンの本を「韓国」で検索すると何が出てくるか。そこは、韓国のマスコミのようなねじ曲がったものがないでしょうから、今の時点での真実の姿が見えてくるのではないでしょうか。
 
 

アマゾン本「韓国」で検索してみた

 
検索結果を上から30冊ほど列挙します。ただし、検索の結果出てくるスポンサープロダクト(広告)は除きます。
 
また、この記事に検索結果を示すために、ブログバーツ「ヨメレバ」を活用しています。この「ヨメレバ」で出てこない本(表紙イメージがないものも含む)についても除いています。
 
さらに日本語以外の書籍は除きます。
 
30冊を列挙後、1冊ずつコメントを書き足していく予定です。
 
なお、文字数が1000文字を超えたら、記事作成途中でも「公開」をして、逐次、検索結果を追加していきます。とにかく「公開」が先…というわけです。
 

第1位〜第10位

 
【1位】 ライターは読みました♪


【2位】 ライターは読みました♪


【3位】


【4位】 ライターは読みました♪


【5位】


【6位】 ライターは読みました♪


【7位】 ライターは読みました♪


【8位】


【9位】


【9位】


【10位】

 
 

第11位〜第20位

 
【11位】


【12位】


【13位】


【14位】 ライターは読みました♪


【15位】


【16位】

<スポンサーリンク>

【17位】


【18位】


【19位】


【20位】

 
 

第21位〜第30位

 
【21位】


【22位】


【23位】


【23位】


【24位】


【25位】


【26位】


【27位】


【28位】


【29位】 ライターは読みました♪


【30位】

 
 

1〜30位を分析すると…

 
30冊中、2冊〜23位と26位の本〜以外は、韓国の在り方などを問題視する書籍です。
 
これはかなり異常です。ただし、これは日本のせいではありません。呆れるほどに反日に舵を切っている韓国の影響を日本が受けている結果です。
 
しかし、日本で反韓や嫌韓が増えているというわけではないでしょう。「お隣の国、ちょっとおかしくないか」という素朴な疑問から、このような書籍が注目されているわけです。
 
日本は、韓国のように学校で「嫌韓」の偏向教育はしていませんからね。
 
 

まとめ

 

 
 
以上を持って、韓国がおかしいとか変だとはいいません。
 
ただし、日本とは随分「違う」国だということは言えそうです。
 
このサイトでは韓国ドラマもたくさん扱っています。サイト管理人「たもつ」は韓国に興味はあるというわけです。嫌いではありません。
 
でも、韓国の根深く執拗な反日感情には違和感を感じています。
 
11月の中旬に発売される「反日種族主義」(日本語版)は予約しました。韓国のころをよりよく知るという意味で、しっかり読み込むつもりです。
 

追記

 
※ただいま、記事を逐次、追記中です。
 

<スポンサーリンク>
error: Content is protected !!