木村拓哉主演作品、FODで続々配信中♪

俳優・鴈龍がんりゅう55歳急死〜死因、経歴〜勝新太郎・中村玉緒の七光り長男!?

巌流

<スポンサーリンク>

 
 
中村玉緒さん(80)と故・勝新太郎さんの長男で俳優の鴈龍(がんりゅう)さんが55歳で急死されました。
 
実は、遡ること1ヶ月以上前、11月1日に急性心不全でお亡くなりになっていたのです。
 
 

お亡くなりになったときの状況は…

 
鴈龍(がんりゅう)さんは、滞在先の名古屋で急逝。遺体が発見されるまでに数日あったといいます。つまり、孤独死。
 
事件性がないと判断され、11月29日に近親者だけで葬儀を行い、納骨も済ませたとのこと。
 
亡くなったときの状況は詳しくわかっていません。
 
 

<スポンサーリンク>

過去、事故で人を殺めていた!?

 

鴈龍さんプロフィール
本名:奥村 雄大
生誕:1964年8月9日
没年:2019年11月1日(55歳没)
出生:京都府京都市
職業:俳優
両親:父・勝新太郎、母・中村玉緒
 
18歳くらいから俳優を目指していた鴈龍さん、実際の映画デビューは1989年公開の映画『座頭市』。父でアル勝新太郎が監督・主演を務めた映画です。
 
しかし、鴈龍さん、撮影中、事故で人を殺めてしまいました。切られ焼くの俳優に対して、真剣を使って重傷を負わせ、その俳優がその後、死亡。
 
当時、広島県警から業務上過失致死罪の容疑で事情聴取を受けました。鴈龍さんが使用した日本刀が、撮影用の模擬塔ではなく真剣であり、それで相手の首を切りつけてしまったのです。鴈龍さんは活動謹慎。
 
その後、裁判で無罪を主張。迫力を出すためにスタッフが勝手に真剣を用意し、鴈龍さんは真剣であることを知らなかったとされ、裁判でもその主張が認められたのです…。
 
そして、1994年、父・勝新太郎が演出&主演の舞台『不知火検校』(しらぬいけんぎょう)で俳優本格復帰。人を殺めて俳優業復帰…なかなか理解しがたいものがあります。
 
この復帰のとき、本名奥村から「鴈龍太郎」に改名、後に「鴈龍」に改名しました。

時代は前後しますが…芸能界デビューを目指した18歳の頃(デビュー前年)、元女優で姉とともに大麻密売で逮捕されています。さらに、2年後、ですから20歳頃でしょうか、再び大麻取締法違反で逮捕されています。
 
そんなこんながあっても、25歳で映画デビューしてしまうのですから(人を殺めてしまいましたが)…、かなりトンデモな人生です。
 
 

その後は鳴かず飛ばず!?

 
ここまでを振り返ると、「ろくな人生歩まないでしょ」と思うかもしれませんが、その通りだったみたいです。
 
母・中村玉緒さんはいろいろな出演に頭を下げまくったみたいですが、結局、俳優としては鳴かず飛ばず。周りの知り合いからは「最近、見ないけど何をやっているんだか」と言われていた様子。
 
そして、孤独死。55歳で急逝となったのです。
 
ネットで検索すると、鴈龍さんのそれぞれの分野でのラストワークは…
 
映画は1998年公開の『修羅がゆく7 四国烈死篇』がラスト。
 
オリジナルビデオは2004年の『北海水滸伝 484ブルース』がラスト。
 
舞台は2002年の『悪名』がラスト。
 
テレビは2008年の『二人の食卓 〜ありがとうのレシピ〜』がラスト。
 
つまり、2000年代には、ほぼ仕事なし、そして2010年代には俳優業をしていなかったようです。
 
 
良くない意味での典型的な七光りお坊ちゃんだったのでしょうか…。
 
 

まとめ

 
巌流
 
 
中村玉緒さん&故・勝新太郎さんの長男で、俳優(元俳優?)鴈龍さんが55歳の若さで急逝されました。急性心不全の孤独死です。
 
鴈龍さんの俳優としてのキャリアを簡単に振り返りましたが、「俳優・鴈龍さんあり!」という足跡は残せていなかったようです。
 
それでも生き残れてきたのは、やはり著名なご両親のたまものでしょうか。
 

<スポンサーリンク>
error: Content is protected !!