『君の名は。』を含む新海誠作品はFODで♪

バンドー太郎の写真・経歴・事務所/スリムクラブ関連モノマネ芸人B

モノマネ芸人Bはバンドー太郎


<スポンサーリンク>

 
 
吉本興業のスリムクラブが893パーティーに闇営業をしていて無期限謹慎になった問題。スリムクラブを闇営業に誘った人物として「モノマネ芸人B」が浮上していたが、その人物が特定されました!!!
 
バンドー太郎さんです。
 
 

モノマネ芸人Bはバンドー太郎!?

 
いきなりですが「誰!?」ですよね。
 


 
ご本人が、スポニチの取材に応じたんですね。でも…言い訳が酷すぎです。
 
僕ももらい事故
 


スリムクラブとは数年前に営業先の京都で顔を合わせた。バンドーは事務所に入らずフリーで活動しているため、スリムクラブから「仕事が少ないので何かあったら声を掛けてください」と頼まれ、「闇(営業)大丈夫なの?」と確認したところ、問題ないとの意思表示があったという。「2700」の常道裕史(36)とはスリムクラブより以前から面識があった。
 
初めて誘ったのが問題となっている会合だ。反社会的勢力とは知らずに参加し、2組とも無期限謹慎処分となったことに「闇営業は悪いことだと思っている。こんなことになって、スリムクラブにも2700にも申し訳ない」と謝罪した。
 
ただ「これだけは分かってほしい」と声高に訴えたのが自身も“被害者”とする点だ。「僕は反社会的勢力とのつながりはありません。例えば10回営業があって、お客さん100人のうちに1人でも(反社会的勢力が)いたら、このような問題になってしまうのか。僕だって車で走っていて後ろからぶつけられた感じ。もらい事故のようなものです」と強調した。
 
※引用元:https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/06/29/kiji/20190628s00041000449000c.html

 
事の重大性を認識していれば「僕ももらい事故」なる発言が出てくるハズもないのですが…。「僕ももらい事故」と言ってメリットゼロ…どころかデメリット山盛りです。
 
というか、これじゃ、スリムクラブのほうが「僕たち、もらい事故」と言いたいですよね…。まぁ、誘いを承諾して、実際に出向いてしまった時点で、スリムクラブはアウトですが。
 

<スポンサーリンク>



 

バンドー太郎さんの経歴など

 
バンドー太郎
※画像出典:https://p-labo.jp/performer/ものまね/バンドー太郎/
 

バンドー太郎さんのプロフィール
芸 名:バンドー太郎
誕生日:1970年10月16日・38歳
出 身:神奈川県横浜市
住 所:茨城県つくば市
所 属:ヘリカルプロモーション
SNS:Facebook(削除済み)
 
その他の特記事項として…
 
松山千春氏のモノマネを得意とし、ご本人から公認!?
松山千春氏同様に、抜群の歌唱力!?
見た目のコワモテと、実際とのギャップが癖になる!?
モノマネレパートリーが多い!?

主なレパートリーは…
松山千春/美川憲一/和田アキ子/氷川きよし/氷室京介/山根康広/EXILE(ATSUSHI)/河村隆一/チェッカーズ/福山雅治/サンプラザ中野/くりーむしちゅー上田/CHAGE/T-BOLAN などなど
 

所属事務所ヘリカルプロモーション!?

 
バンドー太郎さんが所属していると言われているヘリカルプロモーションを調べました。
 
ここには表示しませんけど、「バンドー太郎」で検索すると、確かに、ヘリカルプロモーションのバンドー太郎さんのページが出てくるのです。
 
ヘリカルプロモーションのホームページを見ると…コージー富田さん、ミラクルひかるさん、アントキの猪木さんなどが所属しているようです。
 
でも、ヘリカルプロモーションのホームページって、ちょっと変わってます。というか、使いにくい。トップページから芸人を検索できないんですよね。
 
事業が3つあることは明記されているのですが、そのうちの「プロダクション事業」というのが芸人を抱えてプロデュースする事業。でも、その詳細は見ることできないし、芸人も検索できない。おひおひです。
 
具体的に芸人プロフィールに辿り着くには…
 
「トップページ」→「PERFOMER」→「COMEDIAN」、これでようやく所属お笑い芸人一覧が出てきます。でも…
 
あれ!? バンドー太郎さんがいません!!!
 
もしかしたら、こそっと契約解除したのでしょうか。ヘリカルプロモーションの「NEWS」を調べましたが、最近の「NEWS」にはバンドー太郎さんの契約を解除したみたいなものはありません。
 
ということは、すでにヘリカルプロモーションとバンドー太郎さんは関係ないのだと推測します。
 
そこでスポニチのバンドー太郎さん記事を見直すと、プロフィールのところに「ヘリカルプロモーション」の文字はありませんでした。
 
これって、ヘリカルプロモーションこそ「もらい事故」なのでしょうか…。
 
 

個人で闇営業活動をしているバンドー太郎さんじゃ、責任とれないでしょ!

 
さて、バンドー太郎さんが個人で活動していること、闇営業の仲介者として食いつないでいるのかな…ということがわかってきました。
 
どうやら、バンドー太郎さんは、今回の問題の責任を背負えるほどの人物ではないようです。
 
それこそ、しつこいですけど、スリムクラブも吉本興業も「もらい事故」です。
 
でもね…
 
やっぱり、スリムクラブのやってしまったことはダメだし、それ以上に管理責任者として、吉本興業はダメダメなことは確かです。
 
テレビ業界では、「吉本芸人は危なくて使いたくない」(東スポWeb情報)という風潮も出始めているとか。
 
6000人の芸人たちを抱えていると言われている吉本興業。彼らにどう責任をとるのでしょう。
 
そうか、契約書がないって話ですから、芸人に対して責任もないってことなのでしょうか(爆)。
 
でも、今回は深刻です。
 
吉本興業、中田カフスさん、島田紳助さんのときのように逃げ切れるかどうか、大変微妙な状況になってきました。
 
 


<スポンサーリンク>

まとめ

 
モノマネ芸人Bはバンドー太郎
 
 
スリムクラブを無期限謹慎に追い込んだ、モノマネ芸人Bが、バンドー太郎さんであることが発覚したので、情報をまとめてみました。
 
バンドー太郎さんがヘリカルプロモーションなる事務所に所属しているというネット情報がありますが、それがどうもガセらしい(情報が古い!)ということもわかりました。
 
さらには、今回のスリムクラブ問題、どうもスリムクラブのほうが「もらい事故」みたいだということもわかりました。
 
どうやら、今回の件、バンドー太郎さんでは責任の取りようもない感じです。
 
やはり、吉本興業がきちんとケリをつけなければ…ということがはっきりしてきたようです。
 

error: Content is protected !!