動画配信サービスお薦めベスト3

WordPressプラグイン-WP Security Audit Log-サイトログを記録する!

操作ログ記録3


<スポンサーリンク>

 
 
この記事では、WordPressの操作ログを記録するプラグイン
 
「WP Security Audit Log」
 
を紹介します。
 
操作ログの記録は2つの点で意味があります。
 

  1. 不正ログインによる、不正な操作を検知する。
  2. 必要に応じて、自分の操作を振り返る。
 
しかし…
WordPressには操作ログを記録する機能がありません。そこでプラグインの導入です。
 
 

インストールと設定

 

たもつ

有効インストール数:9万+
最新WP互換性:あり
最終更新:4週間前
(記事公開日現在)
 
「security」で検索してインストールしてください。12番目くらいに出てきます。これです。
 
 
WP Security Audit Log2
 
 
インストールについては、次の記事を参照ください。
↓ ↓ ↓ ↓
 
 
インストール&有効化直後、次のような「設定確認」がポップアップされます。
 
 
有効化直後の設定要求
 
 
こう書いてあります。
 


Thank you very much for using the WP Security Audit Log plugin. We have created a wizard to ease the process of configuring the plugin so you can get the best out of it. Would you like to run the wizard?

 
訳すとこうです。
 

WP Security Audit Logプラグインをご利用いただきありがとうございます。 プラグインを最大限に活用できるよう、プラグインの設定プロセスを簡単にするウィザードを作成しました。 ウィザードを実行しますか?
 
ここでは…
何かあったらあとで設定することにして、「No」をクリックします。
 
 

実現する機能は…

 
この「WP Security Audit Log」は、次のログを残してくれます。
 

  • ステータス、コンテンツの変更、タイトル、URL、日付、カスタムフィールドの変更。
  • 投稿、ページ、カスタム投稿の種類の変更。
  • パスワード、電子メール、表示名、ロールの変更などのユーザープロファイルの変更。
  • ログイン、ログアウト、ログイン失敗、他のセッションの終了などのユーザーアクティビティ。
  • インストールされたアップデート、パーマリンク、デフォルトの役割、URL、その他のサイト全体の変更など、WordPressのコアと設定の変更。
 
「ブログのあの機能、いつ設定したんだっけ?」というようなとき、ログで調べたりすることができます。

ところで…
さきほどのウィザード要求で「No」を選択したあと、最初に出てくる画面がこれです。
 
 
最初の画面
 
 
まだ、何もログ記録はされていません。
 
こらが暫く使っていると、このようになります。
 
 
操作ログ記録
 
 
短い時間に、様々な操作ログを記録していることがわかるでしょう。
 
この記事では、操作ログの読み方、分析の仕方は解説しません。
 
操作ログメッセージは、ネットで翻訳するなどして解読してくださいね♪
 
 


<スポンサーリンク>

まとめ

 
操作ログ記録3
 
 
今回は、管理画面における操作ログを記録するプラグイン
 
「WP Security Audit Log」
 
を紹介しました。
 
活用は先に示した2点です。もう一度書きます。
 

  1. 不正ログインによる、不正な操作を検知する。
  2. 必要に応じて、自分の操作を振り返る。
 
 

error: Content is protected !!